衛生管理 | 北海道札幌市の学校給食・社員食堂委託は安心・安全のデンショクへ |

学校給食・社員食堂・飲食店経営・不動産管理のデンショクグループ

TEL.
会社概要
札幌市中央区大通西15丁目3番地22 Oh!Dori.15BLD
デンショクについて

衛生管理について

衛生管理マニュアルを実施

大量調理施設衛生管理マニュアル(厚生労働省、平成24年)に準拠して作成した衛生管理マニュアルを置き、実施しています。また、上記マニュアルを遂行しているかを本社の管理栄養士が月に1度抜き打ちで巡回し、チェック・指導を行っております。

また、個人衛生、食品衛生、冷凍・冷蔵庫の管理表や食材の検収、加熱調理加工記録簿などを毎日記入し、徹底管理しております。その他、当社独自で年に1度「衛生講習会」を行い、衛生意識を高めております。

【細菌検査の実施】

①検便検査 ②拭き取り検査 ③食品検査
自社に常備している検査施設を用い、弊社管理栄養士による実施を行います。

細菌検査

個人衛生管理点検表の記入

従業員の出退勤時には、個人衛生管理点検表の記入を義務付けています。
また、記入用紙は全従業員が相互に確認出来る位置に貼り出し、体調などに異常が見られる従業員については、即座に適切な対応が行えるようにしております。

食中毒防止への特記事項

ノロウィルス等を代表する食中毒への防止策として、調理場での安全衛生管理や食材仕入ルートの安全確認の他、感染症の恐れのある食品に対しては全従業員へと制約を加える施策を取っております。

流通体制

材料の仕入れ方と業者選定

仕入れ業者の選定にあたり、会社と食品取扱工場等の視察を行い、安全な商品管理と物流を行える業者を選定し、納品条件を定めた上で、納入を行っております。
また、輸入食材は検疫証明書、成分表などの発行から基準をクリアした食材を使用しております。

仕入れ材料の保管・調理・提供

食堂施設では、仕入れ食材の食品検査・検品・食材の検収及び保管記録簿の記入・点検、適正な温度管理・環境による保管、先入れ先出しの徹底など、調理前の段階での事故の防止。
調理・提供までの各セクション毎にチェック項目を設け、料理長主導による自主管理の徹底を義務付けています。
また、上記事項が会社の規定通り行われているかを、定期的に管理栄養士による巡回にて調査・指導を行っております。

食材のトレーサビリティ

食材の産地状況を掲示。レストランの見える位置に仕入れ
産地を表示をする。北海道にこだわった食材を職員様に
周知致します。

POINT
当日使用する[道産食材]を掲示。
職員様に安心と安全をPRいたします。

デンショクについて写真
ページの先頭へ